--
--/--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
02/03

好きな料理を黒板から・・・

てんとうむし日記

原価のコントロール、食材のロスを
恐れてコース仕立てするレストランが
増える中(?)・・・

自分達が食べたい料理を黒板から
選んで頂く!!を、オープン当初から
貫き通して三年。

本当にラコッチに来て頂いてる
お客様は食べ慣れた方が多いと
本当に思う。

そんな、中・・

数少ないこの、ブログを見て頂いてる
常連様の声が・・

ブログにもメニュー掲載しといて!!

との声があったので、書かせていただきます。

ディナーメニュー 本日の黒板から

とりあえず、直ぐに出てくる料理から All ¥680

・瀬戸内産 小イワシのカルピオーネ( イタリア風酢漬け )

・パルマ産 生ハムとトマトのブルスケッタ

・もち豚肉のリエットと天然酵母パン

冷前菜と温前菜  All ¥1300

・和牛トリッパ(第2胃袋)と白いんげん豆のトマト煮込み

・ホタルイカと季節野菜のサラダ仕立て

・真ダラ白子のムニエル 焦がしバターソース

・地牡蠣のソテー 甘酸っぱい野菜と春菊のソース

・三ヶ月熟成の自家製ハムと温玉のシーザーサラダ風

・サヨリのカルパッチョ 骨煎餅とハーブサラダ添え

・グリルしたイイダコと野菜の温かいサラダ 白トリュフオイルをかけて

・シャラン産 鴨モモ肉のコンフィ(低温オイル煮)と焼き野菜

・旬遊さんで掲載して頂いた 11品目野菜のテリーヌ ソイマヨネーズと木の実のソース

・もち豚肉と長州鶏白レバーのテリーヌ くずした温玉と白トリュフオイルのソース

・桜肉とヘルシーな押し麦のタルタル  カシスとバルサミコのソース

メイン料理 All¥1900

・本日の鮮魚を使った料理各種( 内容はスタッフまで・・)

・もち豚肉モモ肉のガッツリミラノ風カツレツ( 300g )

・フランス産 鴨肉のロースト

・骨付き仔羊肉のオーブン焼き

・蝦夷鹿肉のグリル

・ホロホロ鶏の赤ワイン煮込み

・和牛ホホ肉のローマ風煮込み

パスタ&リゾット ( パスタは全て自家製麺です ) All ¥1500

・イタリア産 グアンチャーレ(豚ホホ肉の塩漬け)のカルボナーラ

・北海道産 ホタテ貝とハーブソース

・イタリア産 水牛モッツァレラチーズのトマトソース

・4種類のチーズを使ったクリームソース 自家製ニョッキ

・セコガニを使ったトマトソース

・和牛ホホ肉のトマトクリームソース

・自家製イカスミソース

・鴨肉の煮込みソース クルミとアーモンドペースト和え

・スペアリブの赤ワイン煮込みソース

・青森県からの新鮮なニンニクを使ったシンプルなパスタ

・ブッロエ・パルミジャー ノ (バターとパルミジャーノチーズのシンプルパスタ )

・シャンパンでマリネしたサーモンのリゾット

・パルマ産 生ハムと季節野菜のリゾット  長崎県産 ユズ胡椒添え

ラコッチ一番人気のデザート 本日の黒板から  All ¥650

・グレープフルーツのラコッチ風パンナコッタ 生姜の自家製ソルベ添え

・赤ピーマンのプリン 自家製キャラメルアイス添え

・ラコッチ風ティラミス 自家製黒ゴマのアイスぞえ

・赤ワインのタルト アールグレの自家製アイスぞえ

・自家製ブリオッシュのキャラメルロースト  自家製ミルクアイスぞえ

・いちご! イチゴ!! 苺!!! ( 苺を使った3種類のデザート盛り )

などなど・・・

ま、書いてはみてるものの、明日には
またシェフが書きなおすかも・・

なので、来店した際にメニューに
無かったらスミマセン!!!です。

その日、その日の食材でメニューを書くので。

そんな気まぐれな感じの黒板メニュー構成であります。

また、コースもお客様のご予算でお作り
しておりますので、無愛想なスタッフ
に気がねなく?・・言って下さいね。

( 常連さん意外は冷たい印象らしいんで書かせて頂きます )



 
スポンサーサイト

CM

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TB

トラックバック

http://lacoccinella.blog42.fc2.com/tb.php/276-18ddc0e5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

lacoccinella

Author:lacoccinella
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。