--
--/--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
08/12

てんとう虫の生パスタ

てんとうむし日記

生パスタの価値観。

どこのイタリア料理店さんでも、一つ位は作られてる生パスタ。
時間も掛るし手間も掛ります。 でも、来て頂いたお客様にお店の個性を出せる物だと思い
作り、食べて頂いています。
その中でも、取っつき難いショートパスタ。
イタリアでも数々あるショートパスタ、その中の一つでもお客様に知って頂きたいと思いこの
生パスタのレシピを掲載したいと思います。

< オレキエッテ >日本風に耳たぶパスタ
国産強力粉・・・50g
セモリナ粉・・・・200g
ぬるま湯・・・・・110cc
塩・・・・・・・・・・1g
オリーブ油・・・10cc

1・粉物は全て篩っておいて下さい。
2・篩った粉に塩、ぬるま湯、オリーブ油の順番に入れて捏ねて下さい。
3・捏ねること、5分位 しっかり煉ったらラップに包むかボウルに入れてラップし30分位常温で放置。
4・時間が経ったらラップを取り、金太郎飴位の太さに整形し3㎝間隔位に切り揃えます。
5・切った断面を上にしてそのまま親指でおしつけます。(今の段階で丸い爪の形になっているはずですけど)
6・おしつけた麺をそそまま裏返すと丁度、耳たぶみたいな形になります。(なっていますか?)
これが、イタリアのプーリア地方の伝統パスタです。
茹で時間は、約7分位です。
今でしたら、新秋刀魚、秋野菜などを使ったパスタソースなんか美味しいですよ。もちろん残り物のお肉をトマトで煮込んだソースなんかにも合いますよ。

説明が長くなりましたが、やってみると意外に簡単です。
しかも、ショートパスタの良いのは、時間が経っても味の変化が少なく普通のパスタより長く
美味しく食べます。 しかも冷凍も出来るんです。

てんとう虫の家でも、子供のお弁当に入れたりしていますんで、何時もよりちょっと変わったイタリアン弁当にも、最適です。(手間ですけど、結構喜んでいます。子供は)

色々なパスタを皆様に知って頂き、てんとう虫のお店でも食べて頂きたいと思います。

今日も、てんとう虫の独り言に付き合って頂き有難うございました。

ラ コッチネッラ 082-548-1129
定休日 木曜日

スポンサーサイト

TB

トラックバック

http://lacoccinella.blog42.fc2.com/tb.php/12-576ca22b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

lacoccinella

Author:lacoccinella
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。